社内風土・文化を知る
社内風土・文化を知る

・守りたい姿勢

これまでにも「NOと言わない」姿勢を大切にしてきました。ご入居者のお菓子やお酒・たばこを嗜みたい、お家に帰りたい、などなどご自身の思いや大人の楽しみを私たちの都合で”禁止”することはしたくありません。さらにこれからは、「あんなこともこんなことも」叶えていきたいと思います。ひとりで悩むからしんどいのです。一緒に考えながら提案してみませんか。

・「絆と信頼」は直ぐには得られない

介護とは、介護(ケア)をする人とされる人との間に良好な関係がなければ、お世話をする召し使いと変わりありません。「なぜ、高齢者をケアするの?」。明確な答えはありません。ただ、私たちは「自分らしく生きていく」ための支えでありたいと寄り添うだけなのです。依存的な関係や主従関係、合理的な関係は好ましくありません。少しのおしゃべりを疎かにせず、親しみ深い絆から、できることを応援し、見守っていたいと考えています。

・職員のレストスペース

職員休憩はすべてで10か所。1人用の個室や身だしなみを整えるパウダールーム、授乳中の方の搾乳室、ゴロンと寝ころべる和室、キッチン付き休憩室などなど、多彩な気を休める場所が自由に使えます。

・残業と年次有給休暇

「良き介護をするには疲弊は大敵」そのように思い続けて10年が経過。しっかりと”じぶん時間”を得て、健やかな気持ちをもって仕事に勤しんでもらいたいと考えています。お仕事が終わったら定時にほとんどの職員が帰ります。残業時間は平均2時間未満/月。また、年次有給休暇は、入職初年度の取得率は100%で、全職員の平均取得日数は14.8日です。そして永年勤続功労者には、3日間の特別休暇と3万円の旅行費が支給されました。

 

頑張るのではなく、精一杯で良いのではないでしょうか。そのように考えている職員がたくさん待っています。

 

>一覧へ戻る >応募する

法人概要
社会福祉法人 信和会について

詳細

採用案内
各種採用について

詳細

お問合せ
ご質問・ご相談など

詳細